浜松市の整体院 首こり・肩こり・腰痛・骨盤矯正・O脚矯正・酸素カプセル

〒430-0907

静岡県浜松市中区高林2-13-23

営業時間:9:00〜21:00

定休日:日曜・不定休

電話番号

053-523-7011

*

浜松市中区の整体、酸素カプセルは、とよだ整体へ!

■予約はこちらからお願いします

こんな症状の方はご相談ください

頭部・顔

慢性頭痛とは脳自体には異常はなく原因がはっきりしないまま繰り返しおこるもので、いわゆる頭痛持ちといわれています。
頭痛には片頭痛や緊張型頭痛などの種類があります。

長時間のパソコン作業や読書・勉強などで目を酷使したり、メガネやコンタクトの度数があっていないなどの原因で目の疲れの症状が出ることがあります。また、パソコンなどのディスプレイを長時間見続けると、目の酷使のほか、画面を凝視するため、まばたきの回数が減り、目が乾いた状態となりやすく、さらに目が疲れやすくなります。このように画面を見て操作する必要のあるパソコンなどは、必要以上に目を酷使するため、VDT(Visual Display Terminal)ストレスといわれています。

顔

首・肩・腕・手

むち打ち症とは、追突事故などによって、頭部が鞭の動きのように前後に激しく屈伸をし首の組織に損傷を生じたために起こる症状です。

症状は、肩が張る、肩が重い、鉛が肩の上にのってる感じ、首から肩にかけて固まった感じ。原因の一例として、一日中デスクワークでPCの作業をしていて頸が斜めに向いたまま長時間経過してしまうなどの理由で、筋肉の疲れや過緊張などにより血行不良となり、疲労物質が溜まり筋肉が固まってしまうために肩のこりが発生します。

四十肩五十肩と言うのは俗称で、正式には肩甲骨周囲炎と呼ばれております。
加齢による肩の筋肉の衰え、関節やじん帯の変化で炎症をおこし痛みを引き起こすといわれています。

多くの症例に共通して、気がつかないうちに背中が丸まり猫背の姿勢になっていることが考えられます。
肩が前に出ることで背中の筋肉は突っ張った状態(緊張状態)が続くため肩甲骨周辺に痛みを生じます。

首肩の筋肉、胸の筋肉がこわばり神経を圧迫していると胸郭出口症候群かもしれません。手首の内部には、骨と靭帯に囲まれた手根管というトンネルがあり、指につながる神経が通っていますが、何らかの原因で手根管内の神経が圧迫されると、手のしびれや痛みの原因になります。

首肩腕

背中・腰

腰は、5つの腰椎と呼ばれる骨がブロックのように積み重なって構成されています。 生活習慣、ストレス、不安・不眠などの状態が影響していることもあります。 重いものを無理な姿勢で持つこと、長時間の運転、長時間のデスクワークなどが原因となることもあります。

症状としては、突然、腰に激痛が起こり動くことができず、日常生活にも支障をきたす重度のものから、ピキッと軽い痛みがあってから腰の痛みが引かないが生活はできる軽度のものもあります(急性腰痛症)。

坐骨神経痛は、お尻から足先まで伸びている坐骨神経が圧迫されていたり炎症を起こしているために腰、お尻、太もも、足先まで幅広い範囲で痛みやしびれをもたらします。
坐骨神経は1メートルほどの長い神経なので痛みやしびれの出る場所も広範囲になります。

デスクワークが多い人や、最近ではスマートフォンを常時見てる人などが猫背になりやすいです。 原因としては骨盤周辺の筋肉が弱ることで骨盤が後ろに傾いてしまい。背骨が後ろにカーブしてしまうからです。

骨盤が歪んでいると立った状態で右肩が下がっていたり、骨盤の高さが左右で違ったり、脚の長さが違うように見えたりします。前屈や背中を反らすときに痛みがある場合が多いです。原因としては骨盤周辺の筋肉の張りやコリ、骨盤の真ん中の関節、仙腸関節が固まってしまったことなどがあげられます。

背中腰

下肢静脈の血流の流れが悪くなり滞るために、ほんらい排出される水分が残ってしまい浮腫みとなります。
デスクワークなど同じ姿勢で長時間動かない場合など、下肢の筋肉を使わないことで足の筋ポンプの機能が低下し、心臓に向かって流れる血液が停滞してしまいます。下肢で静脈の流れが悪くなると、下肢静脈内の圧力が上昇して血管に炎症が起こり、血管内から血管外へ血液内の水分が浸み出て、細胞外に水分が貯留します。これが、下肢のむくみの原因となります。

ある姿勢をとった場合のしびれや長時間同じ姿勢でいたためのしびれなどがあります。
このしびれは時間とともに消えていく一時的なしびれです。
血行不良による足のしびれは、長時間座りっぱなし、悪い姿勢、冷え、ベルトやコルセットで体を締め付け、サイズの合わない靴や下着を着用するなどの悪い生活習慣などにより筋肉に老廃物が溜まり固くなり血管や神経を圧迫してしびれている可能性があります。

膝が動かしにくい。階段を降りるときに痛みがある。正座がちゃんとできないなどの症状がありスポーツなどの激しい負荷により膝内部の半月板が損傷して動きが悪くなっている場合や、老齢化などによる変形性膝関節症で立つとき座るときの動作で痛む場合などがありますが、原因としては太もも側の大腿骨とふくらはぎ側の脛骨の接触する部分の噛みあわせのずれや軟骨がすり減ることによりすり減った軟骨の破片が、関節包の内側を刺激して、関節包に炎症を起こします。

股関節の痛みとして開脚やあぐらをかくときに脚の付け根に痛みがある場合は骨盤のゆがみに原因がある場合があります。

ふくらはぎの外側に痛みやしびれなどがある、お尻にビリっとした痛みが出たり、ふくらはぎに突っ張る感じがある場合はヘルニアや坐骨神経痛から来てる場合もあります。デスクワークや飛行機に乗ったなど長時間同じ姿勢で居た時にふくらはぎがむくんで痛みがでる。脚がだるい重く感じる、脚がだるい重く感じるスポーツの最中に激痛になった場合なら肉離れの可能性があります。

寝ているときに足のふくらはぎがつる場合は、寝てる間に汗をかき体の水分が奪われ脱水状態になったり、冷えなどで血流が低下して体内の電解質(ナトリウムやカルシウムなど)のバランスが崩れてしまい筋肉の調整が乱れてけいれんすると考えられます。 身体の調子が悪くおう吐や下痢などで電解質のバランスが崩れた場合にも起こります。 他にも運動不足だった人が久しぶりに運動したときなどは、筋肉の緊張が長時間続いて腱紡錘が刺激されっぱなしで正常に働かなくなるので、そのときにふくらはぎに力が入ると腱紡錘が異常反応して痙攣したりします。

両足のくるぶしをくっつけて立ち、つま先を少し開きます。その時に膝に隙間ができてしまうことをO脚といいます。

骨盤のゆがみやO脚のある人は、大腿骨に対して脛骨の外旋方向へのずれ(外旋変位)が大きくなる場合が多いことです。足部がねじれると下肢全体のねじれが起こるので、骨盤の前後傾、筋肉のバランスも崩れてしまうことになります。 

足

「からだケアとよだ整体」の施術内容

toyoda906当店では落ち着いた雰囲気を大切にし、お客様にゆったりと寛いだ時間をすごしていただけるように、細かな心配りを心がけております。 とよだ整体では、肩こり・腰痛などの原因がどこからきているのかを探しながら、コリのポイントに的確に刺激を加えることで、コリ固まった筋肉をほぐし痛みを軽減させていきます。整体をイメージするバキバキボキボキと鳴らす施術はしていませんので安心してください。 産後で気になる骨盤は、とってもソフトな手技で骨盤の真ん中の仙骨・仙腸関節をミリ単位で調整していきます。施術後はお尻がキュッとしまって背筋も伸びた感じになります。何より骨盤調整することで、腰痛が軽減していきます。全身整体のコースでは体の状態を見ながら骨盤調整もとりいれておりますので、ぜひお試しください。 新コースのO脚改善コースでも、とってもソフトな手技で股関節・膝関節・足関節・足裏を調整していきます。あとは、家でも簡単にできるエクササイズを続けていくだけでO脚も改善していきます。 エクササイズはポイントを丁寧に説明いたします。 とよだ整体では、酸素カプセルも完備しております。全身の細胞に酸素を行き渡らせることで、細胞を活性化し体の新陳代謝がよくなります。代謝がよくなるので、疲労回復や美容にも効果が期待されています。